龍馬展見学ツアー

10月30日(日) 14:00 京阪七条駅 マクドナルド 七条京阪店 前集合

七条新地「扇岩」 → 大仏方広寺 → 河原屋五郎兵衛隠居所 → 智積院 → 妙法院(秋の特別拝観)
→ 16:00 京都国立博物館  宮川禎一先生のご案内により「龍馬展」見学
参加費:一般 3000円 (妙法院、京都国立博物館入場料込)  京都龍馬会、大阪龍馬会 会員 2000円
共催:大阪龍馬会

元治元年(1864)春頃 龍馬ら土佐藩脱藩浪士たちは現在の三十三間堂南西辺りの隠れ家に住み活動拠点にしていました。智積院、大仏方広寺辺りは土佐藩の宿舎となっていたところですから、龍馬らも近くに拠点を置いていたのでしょう。 その賄いとして住み込みで働いていたのがお龍の母「貞」でした。お龍の父楢崎將作は医師でしたが文久2年(1862年)に病死します。その後一家は困窮し進める人があり龍馬らの隠れ家で働くことになりました。お龍は近くの七条新地「扇岩」という旅館で働いていました。龍馬は貞から一家の身の上話を聞き、母を訪ねてきたお龍を見染めます。
土佐藩ゆかりの智積院、秋の特別拝観期間中の妙法院もご案内いたします。
龍馬おりょうゆかりの地を巡った後、京都国立博物館「没後150年 坂本龍馬」展を京都国立博物館 宮川禎一先生のご案内により見学します。

番外 京都国立博物館 土曜講座 「対談:林市郎右衛門と龍馬」
京都国立博物館 宮川禎一 列品管理室長 NPO京都龍馬会 赤尾博章 理事長
 会場:京都国立博物館 平成知新館 講堂
 日時:11月26日(土)午後1時30分~午後3時  定員:200名  聴講料:無料(観覧券が必要)
 当日、12時より平成知新館1階にて整理券を配布。 定員になり次第、整理券配布を終了。
京都国立博物館 平成28年10-12月の土曜講座